FC2ブログ

2011-04

はまゆり

はまゆり
東日本大震災の話です。写真は深澤光氏撮影(本人の許可を得てアップしています。)
この船は主人の知人の深澤氏が現場の大槌町に行って撮影したもの。

昨日、TVでたまたまこの船について放送していました。
釜石にあった観光船が津波に押し流され、2階建ての民宿の屋根の上に乗っかってしまったそうです。
最初にこの映像を見た時はかなりショックでした。
TVや新聞で何らか映像や写真を見ても、現場で復興に携わっている方からのリアルな写真は初めてで・・・

15年位前の夏、三陸海岸に行き、その時、リアス式の海岸というものを海から見てみたくて、観光船に乗った。
船が港から出発すると、どこからともなく鳥の群れが現れ、船尾から餌を放り投げると、器用にキャッチする。
それも驚いた事に、群れは勝手に押し寄せて我先に餌を取りに来るのではなく、一列に空中で順番待ちをしていたのだ。そして1羽がキャッチしてその場をサッと離れると、次の鳥が前に出て来てこちらに正面で対峙する。船は止まっている訳ではなく、どんどん先に進むので、空中で絶妙な距離を取りながら、餌を待っているのだ。人間が次に何処に餌を投げて来るのか、じっとこちらを見つめて来るので、何だか緊張してしまう。つい力が入り過ぎて鳥まで届かず、餌を海に投げ落とそうものなら、必死で水面まで急降下して拾おうとする。
三陸海岸というと、そんな子供の様に夢中になった思い出がある。

地震が来るずっと前の三陸の映像で、観光船がお客さんを乗せて出航すると、ひらひらと、鳥の群れが船にくっついて飛んで行き、昔の事が蘇り、胸が痛くなった。

深澤さんは、この「はまゆり」を震災のシンボルとして残したいと語っていらした。
私も同じ事を考えていた。

ただTVでは、やはりこのままでは、何かあったら危険だとも話していた。
すると、ずっとこの船の船長さんをしていらしたという、刈谷さんという方が出ていらして
「危ないからもう早く取り壊して下さい。」と
結構きっぱりと仰っていた。

長く長く一緒に毎日を共にして来た船だ。
こんな無残に打ち上げられた姿を、見るのも辛いだろう。

一見、まだこの船は使えるのではないかとも思うのだが
百t以上あり、実際どうする事も出来ないとか。
しかも又、余震か何かで人の命でも奪う様な事でも起きたら・・・

「はまゆり」は、もうまもなく解体処分されてしまうという事である。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (33)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (23)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる