2011-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀メダル

前回なでしこの優勝を取り上げ、頂いたコメントの中でも金メダルの話をしましたが、時は移り、今は上海で行われた世界水泳も終わりを迎えようとしています。

今回、男子200m平泳ぎの北島康介選手も、同じく200m背泳ぎの入江陵介選手も、200mバタフライの松田丈志選手も素晴らしい泳ぎを見せてくれましたが、わずか届かず銀メダルでした。
金メダルを望み、あらゆる事をやりつくしても、もうちょっとで届かない・・・その悔しさが伝わって来るだけに、如何に頂点に立つのは難しいものかと思い知らされます・・・

そんな中で、女子50m背泳ぎの寺川綾選手が10年越しのメダルへの想いをかなえ、銀メダル獲得。感動大好きの私は、丁度この決勝を見ていました!メダルが悲願という話を聞いていたので、また例の如く、彼女が短い50mを泳いでいる間中、頑張れ、頑張れと声援を送り、勝ち取った瞬間は万歳!それはそれは嬉しかったです。

・・・どうしてもメダルを取れなかった彼女は、断られ続けながらも、北島選手のコーチである平井伯晶(のりまさ)コーチに弟子入り志願し、遂に夢をつかんだのですね。
確かに努力をいくらしても、たとい気持ちが強くても、その人を勝利に導ける優れた指導者につく事は非常に大事で、目的達成への近道かも。
そう言えば、女子サッカーの監督の名前は佐々木則夫、平井コーチのお名前の読みは難しいけれど、やはり二人共「のりさん」なんですねぇ。私なんか、女子サッカーの選手が「のりさん」と言っている時は、本当に木梨憲武さんの事を言っているのかと思いましたよ。だって確か帝京サッカー部でしょう?

寺川選手が「2位で喜んではいけないんですけど、嬉しい。」と涙した姿は胸に来ました。
今回銀メダルが目立ちましたけど、いぶし銀?!10年越しの、報われる事の少なかった寺川選手のこの銀メダルは、最も輝いた銀に私には思えました。
スポンサーサイト

祝なでしこ

勝ちましたね~なでしこ
 
私、睡眠が乱れると、あまり昼寝が出来ないタチなのでこたえるんです。しかも暑さの中、冷房を抑えていたら頭がクラクラして最近平衡感覚が少し変
 
しかし、せめても後半からは見たい、と18日は朝4時半に目覚ましセット。けれど朝3時には何故か目が覚めてしまいました。けれど眠くて眠くてテレビはつけているのに
 
駄目駄目!歴史的瞬間を見ないで何とするっ!と跳ね起きました。まだ幸い0対0
 
はぁ~やっぱりアメリカ強いわ…私は前のブログで、なでしこを一寸法師にたとえ、日本の細やかなパス回しに翻弄されるアメリカの大きな選手の姿を想像していましたが、それさえ封じられて、一体これでは得点のチャンスがあるのだろうかとも思いました
 
まあ本当にこのレベルは一瞬のチャンスを決めきれるかにかかっているのですね…
アメリカの2得点は比較的わかりやすい得点でしたが、日本の2得点は何だか私には、針の穴に一瞬にして糸を通してみせた感じでした。後のスローモーションで全容がわかりましたが隙間のない所で、まあよくぞ決めてくれたと思います!
 
沢選手のゴールは、まあスゴイものですね!
 
宮間選手のゴールも左足ですか?絶対こっちに蹴る雰囲気で逆なのね
ゴールキーパーの江角マキコさん、じゃなかったソロさん、逆側にもんどり打っていましたね~
 
いや、やっぱりキレイな人。「ソロ、結婚してくれ!」というプラカードを持っている人、発見!
 
PKも含め語り尽くせない程、素晴らしい試合でした。死闘とはこういう闘いを言うのかも。
 
沢選手がここに来るまで確か18年の年月がかかったと話していました。
 
テレビで見ると、いつも目標に到達出来ない悔しさや、もどかしさが顔ににじみ出ていて切なくて。でも、元日本代表のコメンテーターが、「もし銅メダルでも取っていたら今日の日はなかったと思います。」
 
本当ね。彼女はメダルを手にしたら引退していたかもしれないし。
長い間諦めず頑張って来た人には、最高に輝くカップとメダルが似合いました
良かった、良かった!
 
前回ブログの訂正です。
150万の数字に怒り心頭したら10倍の数字は1500万円でした!いえ、もっともっと差し上げて下さい。
 
感動をどうもありがとうございました<(_ _)>

アメリカ戦間近

先日のスウェーデン戦、テレビ観戦は早朝過ぎて多分無理と言いながら…目が覚めてしまい、スイッチオン。1対1の同点から見ました。
 
私は日本に得点が入ると昔から思わず声を出してしまうタチ。沢選手のゴールの時も、あの川澄選手の芸術的なロングシュートの時も拍手したり一人大騒ぎ!ハッとまだ早朝でマズいと思うのですが。
 
さあ!アメリカ戦。
うーん強そう。でも何故かあまり負ける気がしないのは私だけ?!結構そう思っている人、今回多いのでは?日本は一度も勝った事がないけれど。
 
が、アメリカは負けそうな試合も勝ち抜いて来た…選手層の厚さがスゴい。ワンバック選手お、大きい…
しかもゴールキーパーはキリッとした美人で、どことなく江角マキコさんを彷彿とさせる。
 
一つ納得行かないのは、こんな強い相手に勝って優勝しても、報奨金が150万円ですって?男子は3500万円なのに?男子の方が優勝は有り得ないと思ってわざと大人参をぶら下げているのかは知りません。が、ケタが違うのは納得行きませんせめて10倍の1000万円でしょう
 
今日は熱く語りますね~
 
ところで体格差の不利で言うと、思い出すのは「一寸法師」。
体格のいい人を鬼に例えるつもりはないのですがが、こうなったらチョコマカとしぶとく動き回り、鬼に飲み込まれても、そのお腹の中で小さな針をつついて応戦した一寸法師の様に、絶対に諦めない。そうしたら、姫=優勝カップと金メダルはなでしこの手に!
もう寝なくては

パソコン他

ちょっと回復の兆しを見せたパソコンですが、修理の為、結局入院中です。

携帯からこのように投稿可能、というより、そちらが主流の方が多いのかもしれませんが、私はあまり携帯で文字を書くのは好きな方ではありませんので、しばし内容が止まっているかもしれません。そんな訳であしからず。

それにしても「なでしこジャパン」の活躍ぶりは素晴らしいですね~

昼間はお仕事をしながらサッカーに打ち込んでいる方もいらっしゃるようで、しかもそれがワールドカップだなんてすごいっ!

占いのタコのパウル二世はスウェーデンと予測したそうですが、一世程当たらないそうなので良しとしましょう。

あぁ~でも放送時間帯がねぇ。荒川静香さんの時の様に明け方をめざしましょうか。もう後半だけど。明け方3時台に起きるのはキツ過ぎます!

被災地続報他

ランドリ洗乾IMGP0858
今度は主人の会社で薪ボイラに引き続き、洗濯機と乾燥機をコンテナに入れて送ったそう。
別に自慢とかじゃありません・・・だって私ですら思わず率直に聞いてしまいました。
「大丈夫なの?!いい事だとは思うけれど。」

国の二次補正予算もどうなっているのやら。
ちっとも政府は被災地を支援しているグループや会社を支え、応援する気配はないし・・・
という事は、また薪ボイラの時のように無償提供?
でも、会社で決めてそういう方向に持って行っているなら何も口をはさむ事でもなし。お父さんの会社はエライ!

これも、夏の東北の特有のお天気の事を深澤さんが言っていらした事もあるんですね。
関東ではこの暑さでわからないけれど、東北ではよく「やませ」が吹いて、洗濯物が乾かないらしいんです。
「やませ」は北海道や東北の太平洋側に吹く、冷たく湿った風。昔、社会科の地理で習った記憶が。

被災地、この吉里吉里国はいろいろ動きがあって、自衛隊の隊員が運んでくれていた水も別の人達がやるようになり、「復活の薪」も注文が増えて順調との事。被災地の人達も自活に向けて目の色が変わって来たというメールも届いています。普段魚を相手にしている人達も、とりあえずはチェーンソーの取り扱いを習っているという話も。
この地域はNPO法人を立ち上げたり、積極的な動きが多いですね。

私の周辺では・・・先日秋田県の山に行ってきた時、民宿の女性オーナーが「月何回もボランティアに行っている。」という話をしてくれました。この方、山女で一人で民宿を切り盛りする、見るからにたくましそうな女性。
一人の山のメンバーが「何かしたいとは思うのですが、ボランティアはどんなものですか?私達には無理でしょうか?」と聞いたら、「無理です!」と即座に答えました。あまりにも即答!
普通、なかなか勇気がないと聞けない質問ですが、ある意味あっけらかんとして聞いてくれた彼女のおかげで、その「現実」の凄さは想像出来ました。まずボランティアに応募して、市か?町でバスを出してくれて乗って行く。それが一団体と扱われ、今日はこの辺の家を片付けてくれと言われ一日中片付けに追われるそうです。泥、ハエ、異臭との戦い・・・頭が下がります。

これは別の方も言っていました。たとえそれが筋1本違うだけでも、津波が到達したかしなかったか、それだけで、惨憺たる現状と、一見、外見的には、以前と変わらない生活が平行してある。・・・と。

次に述べる東北の陶芸家の作品を扱っている人もこんな話していました。「本当に津波が来たかどうか。津波は本当に悪魔の黒い手のように家を捕らえ引きずり込む、まさに波の先は悪魔の黒い手そのものでしたよ。」と。やはり直接現地からいらした方の話は、リアルでグサッと胸に来ます。

もう一つ。私の友人の知り合いで、私も一緒にコンサートをやった事がある方ですが、彼は今、東北の芸術家の支援を考えています。多くの陶芸作家が地震で窯を破損しましたが、そんな中でも何とか陶器やガラスを焼いている作家達を支援しようと、彼の友人が無償で東京の展示スペースを貸し出しました。そこに作品の幾つかが展示されているというので見て来ました。ゆくゆく小さいスペースでいいので、支援コンサートのようなものをやって行こうという話も出ているので、私も出来る事があれば参加しようと思っています。

被災地続報

ランドリ全景IMGP0856
一体何の写真と思われるでしょうねぇ!田舎のコインランドリー?!

梅の後はパソコンと格闘です!

う、う、ストレスのたまる程ゆっくりしか動かなくなったパソコンでしたが、まずパソコンの会社に電話してみた所、例の抑揚のない音声電話で「次のどれにあてはまるかで番号を押して下さい。」だけ。

「パソコンの動作が遅い」だから何番、と押すと、また音声。「マイクロソフト社のホームページに行き、当てはまるものをダウンロードすれば、改善が見られる場合があります。」と、これまたビミョーな発言。
おーいおい、ホームページに行きって仰っているけれど、そこに行くまでに膨大な時間を要するのが現状なのよ。

一昔なら、必ず故障には電話で対応してくれて楽だった。ビデオデッキが故障なら「明日すぐ伺います。」とか、とにかくお客様は神様みたいに扱ってくれた。でもこの時代は対面を避ける風潮なのか、人件費の問題なのか、
とにかくお客の方が自分であらゆる手を尽くさないと駄目。

インターネットで「よくあるご質問」とやらを調べ、「解決法」を探して行く。パソコンが日常に当たり前に育った世代には何でもないかもしれないが、我々にはとてもエネルギーの要る事。もう少し上の世代は、感覚が違い過ぎてお手上げだという。

こんなにパソコンってあれこれ出来るすぐれものなら、どこか一箇所「究極ボタン」を押したら、ものの見事に不具合を修正して絶えず安定して使えるものって出来ないものかしら?

と、ごちゃごちゃ言っていても始まらないので、目当てのホームページに行く為クリックして洗濯を済ませ、「あら、まだ駄目だ。」と次の用事をしてはまた様子を見て、やっと行き着いたのだけど、いよいよこれと思うものをダウンロードしたら途中で「・・・の理由でダウンロードに失敗しました。」とか出て、もー駄目だと・・・

でも、本当に不思議なんですけど、あーでもないこーでもないといじって、デスクトップの「何これ?」なんていうものをゴミ箱に捨て空にしたりしていたらあら不思議。速い程ではないけれどここまで書けました!
でもまだおかしい。

パソコン不調です

ご無沙汰と申しますか、いえ、確かに出掛けていた事もあるのですが、その前にパソコン絶不調でご無沙汰になっております。

以前から動きが遅いとは思ってはいたのですが、昨日からもはや亀の歩みより遅くなりまして…ブログ一つ書くのにも、その画面を出すのに何十分も待たされる始末です。

ゴミ箱をクリーンアップして領域を広げようが、余計なものを捨て画像をメモリに移そうが、復元の努力も一切報われず…次に進むのに膨大な時間を取るので、今日は携帯より送信してこちらの状況のお知らせまで!

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (29)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (22)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。