2011-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア全日本選手権

真央ちゃん、本当に良かったですね。全日本選手権フィギュアで上位3位以内に入る事が世界選手権出場への道なので最も集中しなくてはならない時にお母様が亡くなられたのですものね・・・

私は真央ちゃんのショートのプログラムがとても好きです。使用している曲「シェーラザード」がとても好きな曲だというのもあるのですが、ブルーのエキゾティックな衣装もスラリとした体型に似合ってステキ!
あの曲をまともに使ったら、もっと重厚な重い演技を想像してしまうけれど、アレンジが軽妙な感じに仕上がっているので、彼女にはとても似合うと思います。

それと、私は演技そのものも勿論好きですが、解説者の言葉が時々面白くて聴いています。
今回は、このショートで、男の解説者?が真央ちゃんの演技を見ながら「この快活な姫」と言ったのが印象的でした!

結果は男子の織田の代わりに羽生が、女子の安藤の代わりに村上という若手選手が世界選手権に出場する事になりましたね。フィギュアって、本当にメンタルの部分も大きくて、練習でほとんど決まらなかったという4-3回転を、高橋はショート本番でピシャッと決め、これまたフリーで3回も転倒するという不思議さ。ジャンプは安定していると前評判の高かった女子の鈴木もジャンプに失敗したり、わかりません。

でも、特にこのフィギュアシングルというのは、たった一人で数分間を滑るので、自分が平常心で本番を滑る事が出来るかという事に尽きるような気がします。なかなかミスらない、完璧に近い演技というのは出来ないものなのですねー滅多にお目にかかれませんもの。少し気合が入りすぎていても駄目、入らないのはこれも駄目、手堅く行こうとしてかえってタイミングが狂ったり、ここは思い切った勝負!と仕掛けた事が大成功(今回の高橋のショート!これがなければきっと逃げ切れなかった。)になる場合と、自滅する場合と・・・

ただ、試合後、選手同士がそんな極度の緊張から開放されて、楽しそうに話をしているのを見るのはいいですね。

あと、私はバレエが好きなので、メダリストにはなれなかったけれど、男子の町田樹選手の演技もステキでした。「ドンキホーテ」の振り付けには(ランビエール振り付け)軽やかなバレエを感じました!
スポンサーサイト

家政婦のヘタ

先日最終回を迎えたTV番組「家政婦のミタ」が40%の視聴率を叩き出したとか、ちょっとした社会現象ですよね。

1回見て「ありえない、何これ?!」と唖然、それっきり見なかったのに、最終回近くなったら、あまりしょっちゅう宣伝しているので結局見てしまった。それどころか主人も帰って来て一緒にミタ。

話変わって、ご近所に仲良くさせて頂いているご夫婦が2組あって、時々食事に行ったりしている。
そういう時、主人は皆に手品をして見せたりの宴会屋。
それで、今度忘年会か新年会という話になったら、奥さんの一人が、今年も我が家の主人のパフォーマンスが楽しみ、とファクスして来てくれたのだ。

出張していた主人、それを聞き、私に「それは業務命令か聞いてくれ。」と私にメールをして来た。
え?!私が聞くの?と思いながらも、彼女に「そう言っているけど・・・」と送ると
「業務命令です!!と無表情でお伝え下さいませ。」と返事。
すると今度は主人から
それは「私たちが決めることです。」と伝えてください。ですって。
それをまた転送すると
「承知致しました。」

あの~ 一応年末なんですけど。お互い今度から直接やりとりしなさい。「業務命令」です!

えっと・・・見ていない人には全然わからなかったでしょう?すみません・・・

家政婦のミタというのは、あの松嶋菜々子さん主演のドラマで、暗~いありえない過去を背負った女性の話。
いろいろあった末、やっと夫と息子と暮らす幸せの日々を掴んだものの、その二人も事故死する。
姑は二人が死んだ原因はミタにあるとなじり、「あなたのその笑顔が皆を不幸にするので二度と笑うな、笑顔を見せるな。」と言う。
ミタはその後、妻を亡くした夫と4人の子供のいる家庭に家政婦としてやって来る。ミタは家事をやれば完璧、その上に家族の頼み事は「承知しました。」と無表情で答えて、何でもやってしまう。

例えば子供の一人がいじめに遭って、相手をやっつけて欲しいと言えば、とことんいじめっ子を叩きのめすし、隣家が口うるさいから懲らしめて欲しい位に子供が言えば、その家に火をつけに行ってしまう極端さ。他にもメチャクチャ過激な行動が・・・母親がいないので子供達が母親に甘えるようにミタに助言を求めても、「それは、あなた達が決める事です。」と突き放す。とにかく笑わない。まあ、最終回に、この家族の愛情に触れ、笑顔を見せるという所が見せ場なのですが。

そう、松嶋菜々子さんを起用した意味が最後にわかりました。やはりず~っと無表情でいたから、笑顔がどんなにきれいかって。どんなに美人の女優さんでも笑顔あってこそだって実感しました。

え~ ただ、この解説で終わると面白くないので、自分ならどうなんだろうと考えてみました。

私なら、さしずめ家政婦の戸田(ヘタ、下手)
こんなに音楽や山登りに遊び歩いて、家事が上手な訳がない。(居直ったかしら・・・)
ま、お料理はそう嫌いではないけれど。

その代わり、笑います。家事を放っても、笑うのは大好きです!

でも「承知しました。」は駄目かもしれない・・・
昔から、学校でも黙って言われた通りにするタイプではなく、
「男子が女子にお掃除をやらせて遊んでいるのはおかしいと思います。」
ってホームルームで平気で意見を言う子だったから。
(まあね、こういう事を言う女子は煙たがられるのよ・・・)

子供が悩みを抱えていたらどうするだろう?
今なら、あれは家庭教師だったけれど、サウンドオブミュージックのジュリーアンドリュースさんのように、子供の立場になって一緒に考えてあげられる家政婦さん(お母さん)になれるだろーな。
今なら何だか余裕が出来て、時間もあって、ゆったりと素晴らしい子育てが出来そうな気がする!
なんて、ウソウソ、それは年取っての幻想よ。

最後にちょっとだけミタさんがあの家の「お母さん」になったでしょ。
若い時は本当に忙しかったの!親子なら、あんな風に「学校に遅れるから早くしなさい。」とか口うるさくなったりして、結局そんなきれいごとで行く訳ないでしょ!ハハハ


くじ運

え~山だ旅だと遊び動き回った11月を過ぎ、少~しおとなしくしています。

日常にいればいたで、まあ次から次へと雑用で、日が暮れる。元々なんだかんだと夜起きてしまう性質の私は、明日にならないと寝ない(午前0時をはるか過ぎないと寝ない)悪習が直りませんで、はー これは山に行って早々寝るのが8時とすれば、5時間も就寝時間に差があるのです・・・これでは山ですぐ眠れないのは当たり前だけれど、元来人間は日が暮れたら眠るのであり、如何に日々不健康な生活をしているのか・・・だから山から帰ると疲れるというよりも、むしろ元気が出るのかもしれません。

えっと今日は昨日行ってきた大手電気屋さんでの話題です。年に数回あるバーゲン・・・主婦ですから見逃しません!
この時に合わせ、印刷機のインク、LED電球、電池等を買いだめに行く。

すると、たまたま「奥さん、4時から外でビンゴゲームがあります。是非参加して下さい。」
えーっ外で?寒いのに、と思ったけれど、この日はとても暖か。しかも息子と同じ年か、もっと若い男の子が、
一所懸命頭を下げて頼んで来ると弱い・・・上司に早く人集めするように言われているのね、と、急いで帰りたい気持ちと裏腹に、結局外へ出て参加する事に。

はてさて開始する頃には30人程の人だかり。おっと横を見たら、今晩の夕飯に買いに行く予定のお大根が景品に並んでいる!
スーパーに寄らずに済む!俄然気合が入った。しかしこれはビンゴゲーム。私達は数字が縦横に散りばめられたシートを持ち、中央で店員の若いお兄さんがグルグルと小さな機械を回して、出て来た玉に書かれた数字が何番と読み上げる。もし、その数字が自分の手持ちのカードにあれば、そこを指で押してくりぬく。これを何度も繰り返すと、縦あるいは横、あるいは斜め1列に穴が全部開く場合がある。これがビンゴ!これで景品ゲット。

さて、始まった。なんと!2回、3回、私のシートは同じ列を見事に開けて行く。
「ここまでで開いた人、手を挙げて下さい!」
ちょっと周りを意識しつつ、悪いな、と思いながらおずおずと手を挙げると
「早いっ!すごいですね~」
周りはほとんど誰も開いていない。こいつは春(冬)から縁起がいいやというんでしょうか!!

「さあっ次行きますよ!」
それからしばらくすぐには数字は出て来なかったものの、遂にリーチ!
「やった!」
内心ホクホク。

すると、小さな小学生位の女の子が背伸びして、私のシートを羨ましそうにのぞいて来た。
その子はたった一つも開かなくて
「ねえ~何でなの?何でなの? 私のさっきから一つも開かないよー」
と、若いお兄さんに文句を言った。
すると若いお兄さん
「いや~ここまで一つも開かないなんて、これって、ある意味すごい!」
う~ん君、子供を慰めるとかサ、お客の接待がなっていないよ~ 要修行!

さて、ゲームは続いた。次来るかと思ったらはずれ・・・あらら
すると背後から別の年配の奥さんが
「リーチ!」

「何っ?!」
と思った次の玉で
「遂に出ました!ビンゴ。一番でビンゴされたお客様にはこの商品でーす。」
私の横をすり抜けて、うわ~・・・カニ、カニが1匹横ばいして行く~
私の場所からは見えなかったけれど、1等はカニだったんだー さよなら~

次を期待したのに、またはずれ。するとまた横から「ビンゴ!」の声。
あらら~カニは1匹だけで、今度は大根に移った。
大根足がまたしても私の目の前を歩いて行く~

いやいや、落ち込んじゃいけない。大根は後2本残っている。
しかし数字は来ない。ビンゴ!ビンゴ!の声で大根は2本足でそそくさとまたまた私の目の前を通り過ぎ・・・

チラと横をみたら、あとは5箱入りティッシュケースが数個。
仕方ない。これでもいいか、まあ、実用品だし。
と、思ったのも束の間、次の数字であちこち手が上がり、遂に最後の1箱も私の頭上を飛んで消えた。

・・・つわものどもの夢の跡、残された私を含む残兵は、何か次の補充の景品か、せめても参加賞でも出るかと物欲しげに待っていたが、若いお兄さん、

「は~い、景品もなくなりましたのでここで終了致しま~す。ただ、諦めないで下さい。残念ながら、今ビンゴが出来なかった方々には、次回バーゲンでのゲームエントリーをすぐに受付させて頂きますので・・・」
と、呼びかけて用紙と鉛筆を持って待っていたが、その言葉を聞くが否や、潮が引くように誰もがその場からいなくなった。そりゃ当たり前でしょ~

私の心理も、これは「冬から縁起がいい~」からすっかり変わっておりました。
うさぎに置きかえるのならば、因幡の白うさぎ、鮫(サメ)を並ばせてピョンピョンと渡り、あと一歩で撃沈したのでありました。
ここはぴょんと辰年に飛んで、来年こそは運をゲットですぞ!!


久々スポーツの話題

楽しみにしていた、フィギュアグランプリファイナル…

真央ちゃん、心配ですね。レベル4という最高難易度の評価を次々もらい、今回のファイナルで何かが掴めるか、という所まで来ていただけに欠場はとても残念ですが、致し方ありません…

お母様が無事回復される事を祈っています。

サッカーはクラブW杯、柏レイソルが勝って、面白くなりました。

えーっと素人考えですがとても有名で人気のあるチームは最後の方で登場というか、バルセロナとサントスは、いきなり準決勝から参加ですか?
こういう準決勝ってあるんですねー

で、テレビでこの賞金を
USドルで言っていて、は?聞き違いと思ったけれど、調べたら優勝賞金は500万ドル、約6億円ですって!準優勝でも400万、3位でも250万ドルですよ~ 世界中の不況下、誰が出すんだい?

しかも最優秀選手にはプリウスですってわおっ

じゃ、準決勝から参加出来る方が楽で得じゃない?と思った所で、あー、そうじゃないんだよね、と自己完結。

この賞金なら、どのクラブチームも本気になる。すると、サッカー選手なら誰でもあこがれるバルセロナみたいなチームがやって来る。

水戸黄門ではないけれど頭が高い、控えよ!
でも勝ち抜いた輩には手合わせしてやってもいいぞ。
というスタンスかも?

たとえそれでも一緒に戦えたら夢のようですもんね

こうなったら柏レイソル頑張れです。

ただ、今これを書いていたら真央ちゃんのお母様が亡くなったという知らせが入りました…
ギリギリ間に合ったのでしょうか?
まだお母様、お若かったのに、お姉様の舞さんも真央ちゃんもお気の毒です。
ご冥福をお祈り致します。

心に沁みる小さな音楽会

人との出会いって不思議なものです。先日、とある音楽の打ち合わせに行った時の事、そこにネイティヴ・アメリカンとの交流を深めて来たという方がいらっしゃいました。

彼の話は私の興味をそそる話ばかりでした。広大なアメリカの大地に腰を下ろして、稲妻が走り、そこら中、雷が落ちている中でネイティヴ・アメリカンと酒を酌み交わす話とか、彼等は日本の漬物も喜んで食べる事とか・・・

そして、最も興味をそそったのは、彼が差し出した本です。出版されているのでご紹介してもよいでしょう。
「ネイティヴ・アメリカンのこころがよろこぶことば」しおうらしんたろう 東京書籍です。この本の最初の項目「答えがないというのも答えのひとつなのだ」の中で、アリの話を取り上げていた事です。

動物学者が働きアリを観察していたら、20%ほどのアリは働かず遊んでいることを発見したのだそうです。
それは、環境が変化した時、同一のものだけではその変化について行けず、種自体が絶滅する恐れがある。つまり自然界では、種の中に多様性を持って存在しているという事を仰っていました。

私は以前「アリからキリギリスへ」という、やや訳のわからない、思いつくままの曲を書きましたが、ほー・・・直感ながら、働きたくないアリがいると思ったのも「当たり!」かも、なんてほくそ笑んでしまいました。

まあ、前置きが長くなりましたが、その塩浦さんがネイティヴ・アメリカンの神話を朗読し、ネイティヴ・アメリカンフルート奏者のマークアキクサさんが演奏をするというので、聴いて来ました。

そのフルートの音色はなんと言ったらいいでしょうね、どこか懐かしく染み通るような音色でした。
音楽を演奏する、あるいは奏でるというよりも、話しかけているようでもあり、祈っているようでもあり、自然と同化して口ずさんで歌っているようでもありました。楽器そのものがまるで生命体のように、生きているようにも感じられました。

神話は塩浦さんの手描きの絵を壁に映し出しながら語られ、わかりやすかったです。
混沌、ドロドロとした世界では人は立つ事が出来ない。確か日本の神話は、そこを掻き混ぜ、ポトッと落とした所に陸地が現れるのだったと思います。あちらの神話では、海に潜って土を持ち帰れば人の降り立つ土地が出来るというもの。いろいろな動物が試みたが息が続かず命を落とし、カエルが成功して陸地が出来たという所から始まりました。陸地の出来方も、国によって違うものですねー。

双子の話が良く出て来て、それは何故かと後で質問された方がいらっしゃいましたが、それは人間の持つ二面性を現わしているのではないかという事は頷けました。日本の神話も綺麗ごとではなく、暴れ者も出て来る訳で、人間の持っている両極のものを、あえてさらけ出す事で見えて来るものがあるのかもしれません。
昔、人間は植物や動物と話せたのに、人間の勝手な振る舞いで、彼等と言葉が交わせなくなって行ったとか・・・
ズキンと来る言葉です。

一番胸に来たのは、あの「アメージング・グレイス」の話かも・・・

ネイティヴ・アメリカンは最初、やって来たヨーロッパ人を手厚く迎え入れたそうです。

けれど、だんだん彼等は自分達の居住地を追われるようになった。特にアメリカ南東部のチェロキー族の人達は、
西へ西へと追いやられ、何千キロも強制的に移動させられ、多くが飢えや病気等で命を落としたとか。

アメージング・グレースは18世紀、イギリスのジョン・ニュートンによって書かれた曲。彼は冷酷な奴隷商人だったが、嵐に遭いその時、心から神に助けて欲しいと祈り、生還したそうです。彼はその後、聖書を読み牧師になり、賛美歌を書いたとか。言ってみれば、この曲は、ネイティヴ・アメリカンにとっては自分達を窮地に陥れた側の人間が作った曲と言えなくもない・・・

それなのに、彼等は悲惨な状況下でこの歌を歌ったのだそうです。自分を力づける為に。

歌というものは人種や国境を越えると思いました。それこそ、先程の神話の話、もし人が他者を攻撃したりせず、受け入れながら話し合えたら・・・という所に行き着くのですが、世の中には戦争があり、争いはあり・・・
人間の業というのか、そんなきれいごとには進まないです。
でも、だからこそ歌(音楽)の存在する意味や力も感じたのでした。






宍道湖夕景2


ブログも人によって取り上げるものが違います。
 
料理レシピ、ファッション、美味しいお店の情報等。
 
私は山かTVスポーツ観戦が多いかな?
 
その中でも登場回数が多いのが夕日。私、かなり夕日が好きです。沈むまでの30分位は、一刻一刻と移り変わるその色や輝きに興奮…勿論東京でも見る事は出来るけれど、山や旅先で美しい夕景に出会えば、それだけでかなり幸せです!
 
先月中旬、義母、義妹と松江に旅行しました。列車だったので、着いて一服したらもう夕方。
 
幸いお天気が良く、宿の人が
「夕日タクシーを呼びましょうか?」
ん?!今なんと?
夕日タクシー…それは、各旅館、ホテルにタクシーが呼びに来てくれて、お客を乗せて、宍道湖畔の夕日スポットに連れて行ってくれるのです。そして約30分、日没までずっと待っていてくれて、お客をまた宿まで送ってくれるというもの。ついでに他の名所を廻るのは駄目だそうです。写真はその時撮ったもの。嫁が島が映ってているのもいいですね。雲がUFOみたい!

ちなみに、夕日タクシーのお値段ですが、待ち時間とかは関係なく、往復1,000円でした。3人いればバスより待ち時間もなく、お勧めかも。

雲取山

CIMG2025_convert_20111130235149.jpg
えーっと、ブログも書ける時と無理な時がありますが、雲取山登山、書いてしまいます!

若い時は眠れないなんて事はあまりなかったのに、最近、山小屋で三連敗しました。えんえんと眠れないのは、朝まで長いだけにキツいです。とかく歩き過ぎてクタクタになっている時ほど、そうなるのも不思議。体が歩き続けている状態になっていると聞きました。

今回はセーフ。匂いのキツい布団にも関わらず、袋の繭の中でサナギ状態で眠りこけました。

朝起きれば、女性陣、あちこち繭袋から蚕の様に這い出して来ました(笑)

熱いお茶一杯をすすって頂上へ!まだ暗く、ヘッドライトで道や標識を確認しながら登頂。
雲取山とはよく言ったもの。残念ながら朝早過ぎるというか・・・雲が多いのか、眺望は望めなかったけれど、2000mを越えるのだから堂々としたものです。

写真等撮って下山。山小屋に戻って、昨日の鍋の残りを食べて温まろうと急ぎ足。後少しで山小屋、という所で、

「えーっと頂上ってこっちの道でいいっすか?」
と向こうから尋ねる男の人の声。

ふとそちらを見ればなんと?!草むらに座っている髪を束ねた女性。横にオートバイ・・・
ってことは?

我等、山仲間は小声で大騒ぎ!

「ちょっと!あの人、昨日出会ったオートバイの人でしょ?」
「って事は何?ニューハーフとか?!」
「だよね~ あんな場所で大きなオートバイを中年女の力で持ち上げられる訳ないじゃない!」
「違う!別人だってば。」

結局真相はわからなかった。本当に男の様なたくましい女性で、ものすごく声が低いのか、ニューハーフか、はたまたおかまか?!

熊には出会わなかったが、リスと鹿とよくわからない何某かに出会った。

少なくとも、チョコチョコと尻尾を立てて走るリスは可愛かったし、もやの立ち込める中でジーッとこちらを見つめ、すっくと立つ鹿の姿にはすがすがしい程の緊張感を感じた。

けれど長髪に化粧、そして男の声というわからない何某は、不気味さだけを残してその正体は雲の中という、雲取山行記でした。




«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (29)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (22)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。