2015-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行2

DSC_0418_convert_20150210222440.jpg
此処はバーデンバーデンの街から少しはずれた所にある、ブラームスハウス。「青のサロン」とも呼ばれていたという。
私が寄ってみたいと友人に頼んだ所。車だったから良かったけれど、ちょっと見つけにくい場所にあった。
ブラームスが夏の間過ごしたという別荘は、一部屋の広さが6畳ちょっと位かな?こじんまりとしている。
けれど見晴らしが良くて、窓から作曲の合間に街を眺めただろうけれど、さぞかし気持ち良かったのではないかと思う。
此処に、シューマンや奥さんのクララが訪ねていたであろうと、そんなシーンを想像するだけでも楽しい。
楽譜も何点か展示してあったけれど、やはり原譜っていいな、と。こんなデジタルの時代、わっ此処、筆が走っていると
感じたりする箇所もあって。強い想いがほとばしり出ているのを感ずるのは自筆だからですよね。
あの壮大なシンフォニーは、このピアノと、傍の小さな作曲用のテーブルから湧き出たのだと、ちょっと胸が熱くなりました。
スポンサーサイト

ドイツ旅行2

DSC_0378_convert_20150210221825.jpg
昨年夏、ドイツ人の友人と南ドイツを旅行した折、彼女の友人夫妻の家に招かれた話を書きました。
アパートの1階には庭があって、そこで食事を用意してくれました。
「此処に引越した頃は荒れ放題、でも何年もかけて手入れして庭を造って来たんだよ。」
とご主人はポソッと話してくれて。

サラダ、メインにワイン。お水にはレモンを沢山浮かべて、そしてイチゴのデザート。イチゴにクリームをかけて、さらに
たっぷりのイチゴのソースをかける。私には初めての食べ方。色がきれいでワクワク!これがとても美味しかった。

ドイツは日本より、もっと手頃に果物が食べられると感じた。ベリー類は市場で見ても種類も豊富で安い。
彼女の娘が日本に来て我が家に泊まった時、一緒にスーパーに行ったのだけど、
丁寧に紙にくるまれているりんごがあると、目を丸くして驚いていた。
日本はどの果物も形がきれいでそろっているけど、ドイツでは日常食べるものにそこまで気をつかわないというか、
無駄な労力を使わないんでしょうね。はい、つくづく質実な国だと思います。

庭の奥には手作りのブランコがあって、アパートの窓から小さい子がちょっと恥ずかしそうに、
でもこちらが気になって見つめていた。さりげないけれど、サラッと気軽なおもてなしをして
ゆっくりした時間を一緒に楽しむ。ステキな暮らしを垣間見た思いがしました。

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (29)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (22)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。