FC2ブログ

2018-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪かき

雪が降りましたね~ 北側道路を抱える我が家は雪かきせねば・・・です。
本当にお向かいの南側道路のお宅は、そこまで頑張ってやらなくても、日があたって
雪は自然に融けるけれど、北はそうは行きません・・・カチコチになった道路で
スリップして怪我したりしたら大変ですからね。しかも敷地の角は長年地区のゴミの集積所
として提供しているので、そこも広く雪かきしなくてはならないから大変です!

此処に引っ越した35年位前の事、雪が降り止んだ夜10時半頃に、少し離れた家で
ザッザッと雪かきを始めている方がいました。えっこんな夜から?!結構お歳を召した方で
いらしたので、そんなに几帳面に今からしなくても・・・寒いし体に無理が来なければいいけど、と思っていました。
けれど、今年私は同じ事をしました。雪が積もってから、出来るだけ早く雪かきに取り掛かるのが、結局一番
楽ですものね。雪が軽いですから・・・家を留守していない限りはそれが一番。あの方も、几帳面とか潔癖とか
そんな事ではなく、多分年齢と共に体に最も無理ない方法をされていたんだろうなぁと思ったのでした。

さて、とは言え翌日も朝から雪かきの続きです。それでも、雪かきの一番の良い点は、日頃あまりお話するチャンスも無い
ご近所の方がたと会話出来る事でしょうか。「えー?!お嬢さん、もうそんなに大きくなられていたの?!」
みたいな何気ない話で、年月の経つ速さに驚かされたり。

でも、確かに変わりました・・・地域の地図が。ここに越した頃、一番若い世代にいた自分が、はっきりもう上の世代です。
孫も出来て当たり前な事。なのに自分の気持ちはどこか「えーっ?!」なのですね。

でも、40代位の世代のお母様方に、「少しお手伝いしますよ。」とか、「ゴミの所、やっていて下さったんですね、
気づきませんで・・・お宅の方、少しお手伝いしますから。」と次々言って頂いて、あらあら優しい、いい方々が多くて
有り難い事だと思いました。そして、楽しそうに笑い声をあげながら、たくましくスコップで雪をすくい投げている姿を
見て、遠い昔の自分を重ねました。まだ自分、大丈夫そう、でもいつまで出来るのかしら?今週、2月1、2日辺り又降るそうですね。
スポンサーサイト

作曲から「ばあば」に変身して

何やかや、1ヶ月が経ってしまいました!
えっとですね、12月1日の午前中、私は「ダーナの泉」をアップすべく、懸命に動いておりました。
と言うのも、娘の赤ちゃんがいつ生まれるか・・・という状況でして。
「お願い、おばあちゃんが一区切りつくまで待っててね~」と心の中でお願いしながらでしたー

果たして、アップ完了して一息ついた午後、「どうもその気配。」と娘から連絡あり。
すわ、と行く準備に入り、車を走らせて駆けつけ、それから数時間後、無事赤ちゃんが生まれました。

それからは完全にばあば。食事を作って届けたり、年上の孫の幼稚園のお迎えや
クリスマス行事にママ代わりで出席したり、一緒に遊んだり。

更に冬休みには我が家に一家でやって来たので、もう朝からにぎやかな事!
おさんどんに授乳に、わー洗濯物だってふだんは主人と二人っきりだから
あっと言う間に干し終わるのに多いっ!!
それでも小さな小さな服を、子供専用ハンガーに干していると、何だか心から
ほのぼのとした有り難い気持ちになって行く。

同時に数十年前の自分が蘇る・・・子育て、きれい事では行かない。
一番上の子が3歳9ヶ月で3番目の子を授かったが、とにかく年齢が近いので大変だった。

夕方6時頃夕食を作って子供と一緒に食べようとしたのだが、一人が泣く。やっと食べさせたら、
赤ちゃんのオムツ替え。合間に自分も食べようと思ったら、こちらで何かひっくり返し、拭いていたら
赤ちゃんのミルクの時間・・・あれ?!もう7時半?8時には寝かせたいからとにかくお風呂、
なんてやって8時半・・・遂に空腹に耐えかねてテーブルに辿り着いた・・・
6時頃自分用によそったお茶碗のご飯はとっくに冷え切っているけれど、もはや温かいものに
替える元気も無い・・・何でもいい、とにかく一口、とお箸を伸ばしたら、その手が完全にブルブルと
震えてご飯を掴めなかった事だけは今も鮮明に覚えている・・・今思えば愚かな話で、合間にクッキーでも
何でも、つまめるものでも口にしていれば良かったのに、その頃はダラダラ間食の出来ないタチだったので、
トコトンまで行ってしまったみたいで。体重も45kgを切り、ゲソゲソにやせてしまった。
変な話、今でも産卵を済ませてヘラヘラと流されて行く鮭の映像を見ると、軽~くかぶるんです(笑)
でも、人間はそこから、生まれた子供を育て上げて行くのですものね~

多分、神様は子供の一番大変な時期を一番可愛い時にしているんです。
でも、その時はなかなかそう思えない、一刻も早く楽になりたいと思っている・・・
当時、マンションの先輩ママ達にも言われました。
「その頃が一番いい時よ。長いと思ってもその時間は案外短いものなのよ。」

私はね、その意見には半分賛成かな。特に後半には同意。
長いと思っても、実は長い子育て全体の中ではそう長いものではないかも。
特に2人、3人と子供が増えると、最初の子供を育てる時程、下の子には
神経は遣わないし、子供同士、ケンカもするけど一緒に遊ぶ様にも
なるので、授かってからの同じ3年間でも、最初の子の時より加速される感がありました。
勿論、肉体的な負担は前述通りスゴイものもあるのですけど。

ただ、その頃が一番いい時よ、はどうかなぁ。私は今の、この歳に来て
ようやく本当にいい時が来ていると感じています。
それとて、病気や介護、いつ切って落とされるかわからない。実はそれも
つい最近あって、自分のしたい事は隙間見てやっているに過ぎないのだけど・・・

私の同世代、もういろいろです・・・自身の病気で苦しんでいる人、親の介護に明け暮れた人も。
もう残り時間は多くはなくなって来ました。
けれど私も、子育てを含め、親の入院、介護他、何もくぐり抜けないで来ていたら、自分に訪れる
自由な時間の有り難さにここまで気づかされたかどうか。あの頃が一番いい時だったのに、と
過去形にはせず、それが隙間の一瞬でも、今を楽しがったり笑ったりしたいのです。



«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (33)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (23)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。