FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地訪問⑤

IMG_7105_convert_20120204213758.jpg

この赤い機械は何でしょう?!これはフィンランド製の薪割りの機械だそうです。これを購入するにあたっては、某自動車メーカーの援助があったとか。主人の会社が要請を受けてすぐ輸入したそうです。手短に言えば、主人はこの機械がちゃんと到着して、どういう状態になっているのかを一刻も早く確かめたかったようです。まだ、梱包も解かれたかどうかの状態、これから組み立てる状態かと思っていたら、速い!もう組み立てられていていました。とにかく、あの地震と津波の後を現場で乗り切った人達なのです。どんどん何でもやれるのですねぇ、たくましい!
「箱が届いたら、もうじっとしてなんかいられませんでしたよ。とにかく早く組み立てたくって!」
にこやかに笑ったH氏のステキな笑顔が今も忘れられません。あとはガソリンを入れて動かすだけです。

あの時のお風呂を沸かす為に、炎天下でも薪を黙々と割ってくれた女性が、ここで薪を作る仕事を手伝いたいと言っていらっしゃるそうです。

ところで、この付近の山は結構漁師さんが所有しているのだそうです。でも、山の整備にはなかなか手が回らない。それで、その整備をさせてもらう代わりに、間伐材をもらい受けて来る。実はこの場所に来る前に、丸太を積んだ置き場を見せて頂きました。質の良い丸太はそのまま売り(柱とか、建築用)その他は木工加工して、椅子やテーブルに、更に細い小さなものは小物製品として、例えば木のスプーン等を作って行きたいとの事。

「手の入っていない山が幾つもあるから、いずれこれが、地元の漁師さんの収入に結びついて来れたらと思ってね。」
山に手を入れる事で山が蘇る。その間伐材を利用する事で新たな収入が生まれる。この流れが少しずつ実を結んで行けば、H氏の仰るように雇用も生まれて来る可能性がある。

H氏は此処に薪の生活のコミュニティを作りたいと言っていらした。
「じゃ、震災後のお風呂で役目が終わったと思っていた薪ボイラもまだ活躍の余地が?」
と言いかけると
「勿論、まだまだこれからも薪ボイラは大切に使いますよ。」
とH氏は力強く仰った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://t9s8y6y4.blog100.fc2.com/tb.php/101-ced07e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (33)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (23)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。