FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉 嵯峨山

CIMG3484_convert_20130202232756.jpg

昔は静岡育ちで冬や寒さに弱かった私・・・冬は登山はしないとほぼ決め込んでいました。だって朝は真っ暗で寒い。かと言って日暮れの早い秋冬は、やはり早めに登山はスタートしなければならないですものね。
けれど2、3年程前から、気持ちを切り替え、山のリーダーが1月に企画してくれる千葉方面への山行に参加して来ました。あまり何ヶ月も冬ごもりしてしまうと、春に山に登った時、筋肉がすべてを忘れてイタタ・・・と、しんどくなるし、何より千葉方面、この季節、水仙がきれいなんですよ~!
一昨年は鋸山、去年は富山と登りそして今年は嵯峨山。多摩川をバスで下り、アクアライン海ほたるを経て現地へ。
嵯峨山って300m程の高さで、正直そんなに大変ではないのでは?と参加者のかなりはそう思っていたようですが、私は登ってて来た人から、時間はそんなにかからず登れる山ではあるのだけれど、かと言って、さほど楽チンな山ではなく、結局下りで迷ってかなり時間をとってしまったという話を聞いていました。それで地図でルートを頭に入れておきましたが、山は現地に行ってみないとわからない事もいっぱいあります。

まず滑りやすい丸木橋に遭遇、それを進んだ時、二人程、足がついて行けない年配の方が出て、その方達はそこで待っている事になりました。結構登り詰めると、やせたスリリングな箇所もあって、ともかくも頂上に到着しました。下りは登って来た同じ道ではなく、別ルートを廻り、待っている人達に合流するようにしようという事になりました。地図上ではそんなに時間がかからない感じ・・・しかし、これがいったん山をいったん下ってしまい、林道に出てまた下った分、上り返すというものでした。しかも林道からの登り口はちょっとすぐにわからなくて「あれ?」という感じ。

不安に思っていた時、たまたま向こうから歩いて来た人が教えてくれて、結局間違わずに戻れたのですが、低山と言うのは、しばしばこういう事があるのですね。北アルプスを歩く方が、むしろ一本道だったりして迷わない、というのは当たっている気がします。地元の人達にはわかりきって慣れた道も、部外者はあなどるなかれ、を実感しました。

それにしても、山を下った所で水仙を売っていたおじさんがいて、私も一束買って来て、花瓶に挿しているのですが、まぁ何日経ってもほのかな香りの続く事!切ったばかりの新鮮な花って本当に香るんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://t9s8y6y4.blog100.fc2.com/tb.php/178-0f6a2e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (33)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (23)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。