FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地訪問①

IMG_7119_convert_20120122232606.jpg

以前、東日本大震災のすぐ後に、主人の会社から届けた薪風呂の記事を載せた事をご記憶の方はいらっしゃるかと思います。(2011年4月29日~5月19日のブログ)
それがその後どうなったかという事については、被災者の方々は既に仮設住宅に移られ、そこには風呂も設置されており、薪風呂は撤去されたという話を、聞いていました。

主人はその後何度か被災地に仕事で行っておりましたが、私も一度一緒に行きたいと以前から言っておりました。
最初の混乱している時はともかくも、その後道路も開通して、誰もが行ける様になった後も、仕事で行く主人について行っていいものかも含め、具体的には足踏み状態でした・・・

ただ、私としても今回の震災の事は、とてもひとごととは思えませんでした。当初から主人に被災地から届く情報を転送してもらい、自分なりに考えてそれなりの支援もして来ました。けれどその支援先も今、どんな状況にあるかが、時間と共に、以前ほど見えなくなって来ていて、現状を知りたいという事が一つ、そして、もう一つは被災地支援を具体的に推し進めて来た、遠野のボランティアの方々の話を東京で聞く機会があり、やはり行きたい気持ちが強くなりました。

先週、遂にその機会があり行って来ました。
主人の運転する車でまず遠野市に入り、そこで今回地震直後から陣頭指揮に立っていらした公務員F氏とお会いしました。その後、先程のボランティアグループの活動拠点に立ち寄り、それから釜石に向かいました。

釜石では最初は拍子抜けする程、街並は普通に思えたのですが、だんだん進むにつれ、その爪跡から、ものすごい勢いで津波が押し寄せ、街中を駆け抜けた事がわかりました。釜石で昼食を取り、今度は大槌町に向かいました。

途中の道路脇を見ると、高い木にいまだに日用品が引っ掛かっていたり、家の壁がめくれあがり、骨組みだけが残っていたりで、津波の凄まじさを、ただただ感じました。

そして大槌町に着いたのですが、海岸に近い方に向かった所でちょっと道がわからなくなり、大槌病院まで今度はNPO法人のH氏が車で迎えに来て下さる事になりました。後でH氏が話されたのですが、この大槌病院も火災でずっと燃えたのだという事でした。H氏の車の後をついて行きましたが、ほどなH氏は車を止めて、「ここが大槌の中心だった所なんですよ・・・」と仰ったのが大槌町役場のあった所。時計は3時15分を少し回った所で止まっていました。

瓦礫はかなり撤去されているけれど、窓がガランと開いて壁がはがれて建っている建物もまだかなりありました。
地震直後には、釜石から流れ着いた遊覧船は建物の上に乗っていました。もう随分瓦礫は撤去されたと言えると思います。帰り、車で走っている時に、うず高く積み上げられた瓦礫の山が向こうに見えました。

それから、薪風呂が設置されていた場所に案内して頂きました。自分が想像していたより、ずっと狭い場所にお風呂は設置されていたのだと思いました。今はもう、何一つその時を想像させるものは残っていませんでした。
その場所は本来、公の場所、つまり学校関係の所有している土地を一時的に貸しており、役割が終わった時点で返さなくてはいけないという事でした。
「あの時の薪ボイラは、別の場所に置いてあります。後でそちらに行きましょう。」H氏は仰いました。

スポンサーサイト

コメント

震災場を訪問された事について

 かなり、もう以前の状態からは、瓦礫などの処理が行われているようですが、やはり、アントニオ猪木じゃないですが、「一歩踏み出す勇気」ですね。この場合は「百聞は一見に如かず」でしょうか。とにかくだいぶ整ってきているとしても、現地を訪問されたのは、凄いと思います。腰が軽い人ならピョンッといけるでしょうが、行く事にエネルギーもいたことと思います。そして、さまざまなことを感じ、これは憶測ですが、「自分にも何かできないか?」という問いが降ってきたのでは
ないでしょうか?自分も今29歳。10何年前、広島の原爆ドームを訪れたり、ミャンマーに行ったり、大阪、京都に行ったあとギターなどで作曲しました。僕は自分
が与えられてるものは、最近、書く事じゃないかと思っています。極端に言うと、
それが天からの使命じゃないかと、別に仕事にするというニュアンスではないのですが、せめて、どこかに旅したら書き留めておきなさい。という感覚を大切にしています。でも、本心は音楽にしたいのですが、まだ機材が揃わないので、(友達と相談して機材はいつか買いたいと思っている。)HPの日記などにつけている程度です。作曲するとなるとエネルギーもいるし。
 何を言いたいかと言うと、いろんな目標にしている夢の曲もあって、そちらも優先にしなきゃいけないかもしれませんが、今回の東北で目の当たりにした事を作曲する事が母の使命のようなものなのではないでしょうか?僕が偉そうにそんな事は
言えませんが、母が持っている、天から授かってるものってそれでしょ。そして、ピアノ曲として完成に向けて、誰にも邪魔されずピアノに両手の指を起き、見た東北を思い出しながら、作曲している母の姿が思い浮かびます。
あくまで憶測だし、エネルギーもいるので、あまりまともに考えすぎないでください。でも作品はできるし、わらいんみーは応援するし、もし、できたら聴かせて
いただきたいと思っています。もちろん作らないとしても、何も悪い事ではあり
ません。作曲って最初が一番感動するかもしれません。僕の場合、ギターで
真っ白で何かを作るならその時、ピアノなら手を鍵盤に乗せたその時です。
長くなりましたが母が東北の被災地へできる事は何か?見てきた人しかわか
らないでしょう。僕には東北の歌も文も書けません。実に無力です。長渕剛が
「ひとつ」という歌の中で<歌なんて歌ってる場合じゃないって思った>という
曲内の語りがあります。でも、最後に愚痴をいわせてください。作曲ってもの凄い
エネルギーがいるんですよね。めんどくさいとか完成したところで、はい、そこまでよ。聴いてくれる人もいるかいないかとか、いろんな邪念の中で完成させる訳
ですから。もし、母が東北の曲を作ったら、わらいんみーはいつか必ず聞くし、HP
(ホームページ)にでもUPしてくれたら、必ず聴くので。
 長くなりすぎました。作るも作らないのも自由です。でも母はしっかりと東北の被災地を見に行った事だけは事実です。

お疲れ様でした。

あのお風呂は大活躍でしたね。
子ども達がお風呂に入りながら見せてくれていた笑顔、彼らは元気にしているでしょうか。
震災からまだ一年にならないのですよね。テレビをつけると、賑やかなお笑い番組や芸能人のゴシップの話題が私達の目の前に飛び込んできてしまい、どうかすると震災のことを忘れてしまいそうです。
でも「絆」を失ってしまって苦しんでいる人達が今でも大勢いて、落ち込んでいる人もかなりの数いるのですよね。忘れないためにも、私は私の出来る範囲で少しでも何かの形でお役に立てればと思っています。
ゆりこさんのブログにお返事をお届けする事がなかなか出来なくてごめんなさい。しっかり読ませていただいていますからね。
夫の、今年89才になる母が宮城県で一人暮らしをしています。私は時々義母の様子を見るために通っています。震災の被害からは免れましたが、やはり一人は不安ですものね。お話し相手くらいにはなるかと思っています。
被災地への訪問ご苦労様でした。
それと、少し前の話ですが、「黒豆」美味しそう!おせち料理のカタログに載せられそうではないですか。
今日の東京は雪景色でしたね。寒そうに思われている、ここ栃木県小山市は降りませんでした。ただ気温が低いので、出勤する夫は車のドアが開かずにてこずっていました。体を大切にしましょう。

お二人とも投稿どうもありがとうございました。

わらいんみーさんの「一歩踏み出す勇気」「百聞は一見に如かず」は本当にその通りです。ただ、「見ておきたい」という気持ちというのではなく、今後自分が具体的に何が出来るか、という事を実際に被災地に行って考えてみたかったのです・・・

今回は今の所、自分としては曲が生まれるとか、そういう事はあまりないのではないかと思っています。いや、それはわかりませんけど・・・

作曲は本当にエネルギーが要りますね。ただ、そのはじまりについては私の場合、気づいたらメロディーが降って来る感じというか、とてもシンプルなものなので、それがいつ来るかわからないんです。降りて来たら、そこからがエネルギーの要る作業ですけど。

なおこさんは、震災後まもなく仙台の方に行かれたのではなかったかしら?
もうだいぶ復旧は進んだと感じられますか?私は映像でしか最初の頃を見ていないので比較しての実感はないのですけれど・・・

お母様、89歳でお一人ですか。
そうですね、話相手もなく一人で暮らすという事は大変ですね。
ちょこっとでもいいので、訪ねる、電話するって大切ですよね。ただ、年と共に一人暮らしは心配になりますけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://t9s8y6y4.blog100.fc2.com/tb.php/96-1bca8f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuripeko

Author:yuripeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
雑感 (33)
音楽 (23)
東日本大震災 (26)
映画 (1)
山 (21)
スポーツ (23)
行事 (8)
旅 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。